スムーズタンギング



  • Check

スクリーンショット 2013-09-15 17.25.13.png

スムーズタンギング
音程・音量・音色・アーティキュレーションの開発
著者:杉山正

スムーズタンギング開発秘話

<ト音>

<ヘ音>




 ☆facebookページ「いいね!」お願いします!
 ハイノート入門


金管奏者を対象とした苦手意識についてのあるアンケート調査
によると、女性の苦手トップ3は「1.スタミナ」「2.タンギング」
「3.音量」、男性の苦手トップ3は「1.音色」「2.音程」「3.タ
ンギング」 でした。男女ともタンギングが苦手の上位に入って
いるのは興味深い現象です。

金管楽器を演奏する上で、タング(舌)は少なくとも四つの仕
事をしていると考えられます。すなわち「音程のコントロール」
「音量のコントロール」「音色のコントロール」「アーティキュ
レーションのコントロール」です。 タングはエアのスピード、
ボリューム、流れ方、切り方などを調整するべく、あるときは
力強く、またあるときは微妙に操作される必要があります。

1773918636_150.jpeg

本書はこの複雑かつ豊かなタングコントロールに焦点をしぼった
エクササイズ集です。「シラブルを使う」「エアとあわせる」
「Kタングを練習する」「スラーと組み合わせる」など、これま
であまり発表されてこなかったアイデアが満載。シングルタンギ
ング、Kタンギング、ダブルタンギング、タンギングとスラーの
複合など、ひとつのフレーズに対して何種ものパターンで練習す
ることで、アーティキュレーションを徹底的に洗練していきます。