アンブシュアチェンジ体験記



  • Check

監修:杉山 正




梅澤伸之さんのレポートです(2011年12月8日)。


<ト音>

<ヘ音>



アンブシュアチェンジをしてほぼ一年です。今日の
レッスンでNE52(ナチュラルアンブシュア52週間)
が終了しました。NE52が終わる日を心待ちにした
一年でした。

今日で、アンブシュアチェンジ第一段階の終了とし
ます。それまでの下唇2:上唇1の状態から、真逆
の下唇1:上唇2へのチェンジでした。

Claude Gordonが推奨する状態です。ずっと変えた
いと思っていましたが、タイミングがなく踏み切れ
ませんでした。

当初は新旧のアンブシュアを両方練習し、クロス
オーバー的にチェンジしようと計画していましたが、
やはり無理がありました。そこで、去年の今頃、演
奏仕事が一段落した隙を狙い思い切ってチェンジし
ました。

初めはチューニングのCも出せませんでしたが、今
までのアンブシュアとは次元が違う事は分かりまし
た。

一番の違いは疲れが殆どない事です。ハードに練習
しても、疲労は少ないです。むしろ、より調子が良
くなるくらいです。

レッスン時に作成していただくカリキュラムを、
「金管演奏の原理」から外れない様に正しく練習し
ていくことで、どんどん音域も広がりました。音色
も良くなりました。

現在はHigh Cもほとんど問題なく出る様になりまし
た。来年はHigh Eが無理なく出せる様になりたいで
す。たまに変な方向に行きそうになっても、杉山先
生がしっかりと方向修正して下さりました。

アンブシュアチェンジは今後2年くらい続くかなと
勝手になんとなく思っています。2年後には、様々
な事をコントロールできるようになり、超絶技巧や
ダブルの音域等を身につけて、演奏者として大きく
羽ばたけたらと思っています。

アンブシュアで悩んでいる全ての方へ

アンブシュアチェンジは決してギャンブルではあり
ません。正しい指導者、正しい知識、正しい練習を
すれば必ず成功します。僕自身が何よりの証拠です。
悩むより、思い切ってトライする事で大きく世界は
開けます。

マーチング関係の皆様へ。

僕が一番最初にClaude Gordonを知ったのは96年
Blue Devilsにいたときです。この時、ソプラノライ
ンが使用していたマウスピースがゴードンモデルの
CG3というマウスピースでした。これがきっかけ
で、数年後の後にClaudeの弟子である杉山正さんに
出会いました。そして、今の僕がいます。

Claude Gordonとマーチングの親和性はすこぶる良
いです。学校や団体のブラス隊が弱いな〜、とお思
いの方いらっしゃいませんか? 是非、「金管演奏
の原理」を御一読下さい。一段上に上がるヒントが
そこにはあります。

僕もお手伝いします。いや、したいです^^

ちょっと宣伝もありましたが、トランペットに関し
ては素晴らしい一年を過ごせました。

来年は更にステップアップしていきます。
皆で頑張りましょう!!!

長文失礼しました。