短歌で学ぶ金管演奏



  • Check

武術には、技の習得に必要な心構えをまとめた
極意歌がいくつもあります。

 稽古をば 勝負するぞと 思いなし
 勝負は常の 稽古なるべし



 心こそ 心迷わす 心なれ
 心に心 心許すな



などです。

TMでも金管演奏のポイントを短歌にまとめたものを
用意しましたので、日々の練習にご活用ください。



1.まず第一はを動かせ
  参照:ビーエルティーとアイコ

金管に 習いの道は 多けれど
まず第一は 舌を動かせ


2.キックるな
  参照:ハイキック

アイアイの アのとき息は 軽やかに
イのとき強く キック忘るな


3.まま
  参照1:腹圧の支え=アシスト(胸と腹のはざまで
  参照2:まま呼息

腹圧の 支えを守り まま呼息
あれはふくまま これはへこまま


4.パキャース
  参照:パキャアース

毎朝の 習慣とせよ パキャアース
背骨ゆらいで 息しみわたり


5.唇はらしすぼめて
  参照:リップフォー

唇を 濡らしすぼめて 下支え
上を振るわせ あとは忘れよ



6.唇をれてリムが命得る
  参照:リムがアニマルになる

唇を 忘れてリムが 命得る
金属が人を つかむ不思議よ




7.いまここに心つめて
  参照:チャイルドタイム

いまここに 心あつめて のんびりと
きめの細かな チャイルドタイム




8.よい姿勢について
  参照:すぐれた人は背中がいい

コネ背とは 胸を張らずに 凹ませず
背中丸めず 反らさぬことぞ




9.まずは
  参照:息を吐ききる教則本ハイ・エア・ビルド

まずは吐く 空になっても さらに吐き 
さてそのあとに 深く吸いこむ




10.体重をめてひとつ
  参照:マジックコイン

体重を 集めてひとつ 足節に
ゆらぎの中で バランス探る




11.肩はらして腕は重たく
  参照:垂肩(すいけん) 重腕(じゅうわん)

うつむかず あごを引きつつ 首を立て
肩は垂らして 腕は重たく




12.底節をせて引き上げ
  参照:ボトミング

底節を 寄せて引き上げ 芯となり
背骨貫き 天へと抜ける




13.ゆらゆらとが泳ぐ
  参照:フィッシュスイム SOシフト

ゆらゆらと 魚が泳ぐ 体幹部
主客転倒 ゆらし ゆらされ




14.空域の開発
  参照:ヨゴヨゴから練習しよう

ヨゴヨゴで 空息域を 開発し
つぎはミヨミヨ やがてニミニミ




15.外はれつつ芯は吊られて
  参照:外垂芯吊(がいすいしんちょう)

柔らかき身体 貫く硬き芯
外は垂れつつ 芯は吊られて




16.唇をれて
  参照:リップフォーの4 リップフォゲットについての質問 

唇を忘れて 息を強く吐き
舌は支えて 芯は効かせて




17.タング
  参照:舌開発の教則本 フレックス・タング・ビルド 

アパチュアも 歯と歯の距離も チョップスも
すべて忘れて タング集中




18.舞台はの中
  参照:ビーエルティーとアイコ 

金管の 舞台はつねに 口の中
舌が主役ぞ 舌に光を





19.愛絵のシラブル
  参照:相対シラブル 
      禁断シラブル「魚」 

シラブルは 愛と絵で吹く 金管の
喉は開けたい 魚は避けたい





20.バズィンのタブー
  参照:タブーフォー 

唇や マウスピースの バズィングは
ときにイミナイ ときにアブナイ