アンサンブル・クリーニング講習会



  • Check

監修:杉山 正



<アンサンブルもタングとエアでまとまる>
TMでは、金管は「唇」ではなく「舌と息」で演奏す
るものと考えています。そして、楽団全体のアンサ
ンブルもまた、タングとエアで磨き上げることがで
きる。文字どおり「息を合わせる」わけですね。

そのことを実証すべく、いろんなアンサンブル実習
を用意しています。



<アンサンブル・クリーニング講習会>
吹奏楽団を対象に、TM理論を使ってタングとエアを
開発し、金管・木管・打楽器のアンサンブルを「ク
リーニング」する講習です。



お問い合わせはメールでどうぞ♪




***


〜アーティキュレーションで息をあわせる〜

※バンドジャーナル2008年6月号に掲載されました。
800919607_49.jpg


<タングマジック・オーケストラ練習会>
2008年3月21日(金)午後8時〜10時、東京江東区の
ティアラこうとう第5練習室で、タングマジック・
オーケストラ(TMO)第1回練習が開催されました。

出席者はトランペット9名、トロンボーン3名、ホル
ン1名の合計13名。全員がナチュラル・ブラス・ス
タディ(NBS=通称タングマジック)講習会の受講
経験者です。
TMO%E5%86%99%E7%9C%9F.JPG

NBSは「自然な金管奏法の研究」という名前通り、
身体の使い方から奏法を見直す金管クリニックで、
タング(舌)とエア(呼吸)を重視する独特のエク
ササイズ体系です。

講習会で学んだ「タングとエアのコントロール法」
を、実際に楽曲練習へ生かそうという趣旨で結成さ
れた楽団がこのTMO。指導するのはタングマジック
講師の杉山正氏です。

第1回練習のためにはるばる新潟からかけつけてく
ださった参加者もあり、初回から熱気に満ちたもの
となりました。練習した曲目は、

1.I've Never Been in Love Before
 Com. Frank Loesser
 Arr. Lennie Niehaus
2.On the Street Where You Live
 Com.Lerner & Loewe
 Arr. Lennie Niehaus
3.Pennies from Heaven
 Com. Arthur Johnston and Johnny Burke
 Arr. Lennie Niehaus

の3曲。スタン・ケントン・オーケストラ用の譜面
を使い、サックスパートをホルンに置き換えて演奏
します。


<アーティキュレーションの洗練>
この練習会では、タングマジック理論に基づき、
アーティキュレーション(※)の洗練によって合奏
をまとめることがテーマになっています。

 ※アーティキュレーション(Wikipediaを要約)
  音楽の演奏技法において、音の形を整え、音や
  音のつながりに強弱や表情をつけて旋律を区分
  すること。

一般に合奏練習でのアーティキュレーションという
と、スラーやスタッカート、アクセントなどの記号
の付け方や解釈のことを意味します。

タングマジックではタングとエアがトレーニングの
中心ですので、アーティキュレーションこそがアン
サンブルを決めるメインの要素と考えて、そこに重
点を置いた練習をします。文字どおり「息をあわせ
る」わけです。


<基本は相対シラブル>
まず「図1」をご覧ください。このような譜面を演奏
するとき、頭の中ではどのように考えますか?

%E5%9B%B301.jpg
(図1)

「ソドソド」「トゥトゥトゥトゥ」「タタタタ」な
どいろんな歌い方があるでしょう。タングマジック
ではこれをどう歌うのか、正解を述べる前に、順を
追って説明しましょう。

もっとも基本となるのは相対シラブルです。相対的
に低い音は「ア」、相対的に高い音には「イ」とい
う音(シラブル)を与え、そのように頭で歌いなが
ら演奏します。

したがって「図2」のような場合は、「ア→イ」と歌
います。これによって舌のポジションが確実に「低
→高」となりエアの流れを速くするのです。

%E5%9B%B302.jpg
(図2)

%E5%9B%B303.jpg
(図3)

図3(教則本「ハイ・エア・ビルド〜音域5オクター
ブの開発〜」から転載)をご覧ください。「ア→
イ」と発音することによって、舌の位置が変化する
ことがわかります。

もし図2のフレーズをユニゾンで演奏するとき、ひと
つの楽団の中に「ア→イ」と歌う人のほかに「ド→
ソ」と歌う人や「トゥ→トゥ」と歌う人が混ざっ
ている場合、それぞれ舌のポジションや動きが異な
ることになります。

このように舌の運動が各自バラバラであることは、
音程、音量、音色のすべてにおいて、アンサンブル
をまとめるためのリスク要因となります。


<タンギングとシラブルの組みあわせ>
もう一度図2をご覧ください。この譜面にある2つの
音符にはスラーがついています。最初のドは吹き始
めですから舌をつきますが、次のソはタンギングし
ません。つまりタンギング「あり→なし」と吹くこ
とになります。

では、タンギングとシラブルをあわせたとき、図2
はどのように歌うべきでしょうか。答えは「タ→
イ」です。ここでの相対的低音ドはタンギングをす
るので「タ」、相対的高音ソはタンギングをしない
ので「イ」となるのです。

さて、いよいよ図1をどう歌うかについてです。こ
のメロディを図4のように前半と後半二つに分け、
まずAの部分だけに注目してください。

%E5%9B%B304.jpg
(図4)

ここでは相対的高音がソ、低音がド。どちらの音符
もタンギングしますから「ティ→タ」と歌います。

つぎにBの部分は、相対的低音がソ、高音がドで、
やはりタンギングしますので「タ→ティ」となりま
す。そしてAとBを続けて歌うと「ティ→タ→タ→
ティ」。これが図1の歌い方なのです。

この歌い方を楽団内の金管全員で共有すれば、比較
的短い時間で音程、音量、音色がそろい始めます。

これがタングを使った合奏練習の基本です。サウン
ドがどんどん澄んでくるので「アンサンブル・ク
リーニング」と呼んでいます。


<スラーのついたフレーズ>
では、図5のようにスラーがついたフレーズの場合
はどうなるでしょうか?

%E5%9B%B305.jpg
(図5)

最初の音ソはタンギングします。第2音ドはしませ
ん、第3〜4音はどちらもタンギングします。ですか
らこれは「ティ→ア→タ→ティ」と歌います。

ここまでは原則通りですけれども、次のような位置
にスラーがつくと、少し事情が変わってきます。

%E5%9B%B306.jpg
(図6)

原則通りに歌うと「ティ→タ→ア→ティ」となりま
す。これでうまく演奏できればそれでも構いません
が、第3音ソが吹きにくい場合が出てきます。第2音
から第3音がスラーで高い音へ向かうので、息のス
ピードを上げるサポートが必要だからです。

この第2音→第3音の「タ→ア」を、エアのパワーを
アップするだけで乗り越えられない場合は、補助シ
ラブルの「エ」を使い、「ティ→タ→エ→ティ」と
歌います。

タングとエアの関係はかなり複雑ですので、歌い方
はフレーズごとに対応する必要があります。ここで
は基本中の基本についてのみ説明しました。


<あらゆる組み合わせを練習>
アンサンブル・クリーニングの中心となるのは、こ
の「シラブル/タンギング/スラー」のありとあら
ゆる組みあわせを練習することです。

シングルタンギング、Kタンギング、ダブルタンギ
ング、スラーとタンギングの複合など、ひとつのフ
レーズに対して十種あまりのパターンで練習するこ
とで、まずは個々人のアーティキュレーションを洗
練していきます。

そのようにしてタングとエアのコントロール能力を
高めつつ、合奏においては、みなが同じ歌い方をす
ることでアーティキュレーションをそろえます。

この方法は、トランペット、フレンチホルン、トロ
ンボーン、ユーフォニアム、テューバ、フリューゲ
ルホルン、コルネット、ビューグルなどあらゆる金
管楽器に効果があります。

また、管弦楽、吹奏楽、マーチング、ジャズ、ラテ
ン、ロック、ポップなどジャンルを問わず応用する
ことができます。

さらに少しくふうを加えれば、木管楽器、弦楽器、
打楽器とも効果を共有することが可能です。

よいアンサンブルの前提となるのは、文字通り「息
があった」演奏。TMOの練習では、アンサンブル・ク
リーニングの手法を徹底することで、短期間のうち
に「息をあわせ」、美しいサウンドを作り上げるこ
とをめざしています。

近い将来、また成果をご報告しましょう。

(タングマジック代表 黒坂洋介)