タング(舌)について



  • Check

監修:杉山 正



【Q】舌をどのように使うのですか?
【A】舌先をビーエルティー(BLT)につけ、アイコ
   を動かします。「ビーエルティーとアイコ
   を参照してください。



【Q】シラブルは使いますか?
【A】使います。よく使うシラブルは「ア」「イ」
   です。特定の音に特定のシラブルをあてるの
   ではなく、音程の「動き」に対してシラブル
   を割り振ります。「相対シラブルと感動舌
   を参照してください。



【Q】舌を使ったハイノートの練習はありますか?
【A】いろんな方法があります。高音域が出ない段
   階では中低音を使って舌を動かし、ハイノー
   トの練習をすることができます。くわしくは
   「中低音でハイノートの練習を」を参照して
   ください。



【Q】タング・トレーニングによい教則本はありますか?
【A】TMではフレックス・タング・ビルドを用意しています。
   また基本から学ぶためには「ナチュラルアンブシュア
   52週間」がお薦めです。



<ト音>

<ヘ音>




【Q】タンギングを徹底的に練習したいのですが?
【A】「スムーズタンギング」をお薦めします。完全終了す
   るまで約44年間かかる本格的な教則本です。シラブル、
   Tタング、Kタング、スラーのさまざまな組み合わせ
   を練習することで、アーティキュレーションだけでな
   く、音程、音量、音色、指使いのトレーニングにもな
   ります。

<ト音>

<ヘ音>



【Q】BLTを動かさないようにすると、前舌がうまく使えま
   せん。
【A】BLTというのは舌先が軽く下歯の裏側に軽く触れてい
  る状態のことをいいます。じつはこれはとても自然な状
  態で、しゃべったり、口笛を吹いたり、歌を歌ったりす
  るときに舌がどこにあるか観察すると、ほとんどBLTの
  位置にあることがわかります。うまく行かない場合は、
  まず楽器を使わないで、タタタタ、ティティティティと
  発声してみてください。舌は自然にBLTの位置に収まっ
  てくるはずです。BLTは人間にとって自然な状態なので、
  特殊なことに取り組むという意識はなくてよいと思いま
  す。繰り返しトライすることによってかならず手に入る
  と思います。